«2nd Draft: 門田 真一 最新 ラウンド 5: 藤井 大(千葉) vs Weiskott..»

LMC Draft Meister 2010


ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 田山 友祐(東京)

Written by Takamasa Sato

毒デッキを組みあげた門田と、青白金属術デッキの田山の全勝対決をお伝えする。

両者、ここで勝てば残りは ID するだけで決勝ドラフトに進めるため、真剣な表情。

Game 1

門田 真一
門田 真一

先手門田。重めだが生物にも土地にも恵まれたハンドをキープ。対して田山は小考の後、マリガンを選択。6 枚だが土地とカウンターと壁のある、対応力の高いハンドをキープする。

田山が 2 ターン目に壁を設置し、門田が 3 ターン目に《胆液の鼠》。田山は門田のデッキが「毒」であることを知る。

これに対応すべく、田山は《ニューロックの透術士》をプレイ。門田は回収する生物がいないにもかかわらず、《死体の野犬》をプレイ。毒デッキはとにかく生物を並べてプレッシャーを与えていかなければならない。

田山は《ガルマの保護者》をブロッカーとして用意。続くターンの攻撃は壁でしのぎ、《死体の野犬》《存在の破棄》で処理する。

しかし、門田の手が緩むことはない。

二連続で《胆液の鼠》をプレイ。一体は《冷静な反論》されるも、一体は無事着地する。

田山は《錆びた秘宝》を設置するが、金属術は達成できず、苦い表情。

そこに、門田は《生体融合外骨格》をプレイし、《胆液の鼠》に装備してアタック。その上でさらに《胆液の鼠》をプレイし、毒カウンターを 9 まで増やす。

並んだ感染生物たちに、田山はなすすべもなく投了。

門田 1-0 田山


田山は、門田の速度に対応するため、カウンターを抜いて軽めの生物を追加する。

Game 2

田山 友祐
田山 友祐

田山先手。双方マリガンなし。

田山は 1 ターン目に《起源の呪文爆弾》、2 ターン目に《銀のマイア》と高速展開。対する門田は《胆液爪のマイア》をプレイするのみ。

さらに田山は《ニューロックの透術士》をプレイし、アタック。門田からの毒カウンターが溜まる前に殴りきるプランか。

しかし、門田は《胆液の鼠》を場に出し、《胆液爪のマイア》のアタックとあわせて、早くも毒カウンターは 2 つ。

ここで田山は小考し、《感染の三角護符》。少しでもゲームを遅らせるプランに移行する。

門田は《黒割れのゴブリン》速攻からの 3 体アタックで田山にプレッシャーをかける。ネズミとゴブリンは《ニューロックの透術士》とマイアで相打ちにとるが、また一つ毒カウンターが乗ってしまう。

田山はメインで《起源の呪文爆弾》を起動し、マイアトークンを呼び出しつつ対抗策を探る。

門田は 2 体目の《黒割れのゴブリン》を追加し、田山は《感染の三角護符》からのトークンでこれを処理。一進一退の攻防。

毒デッキ相手には一瞬でも気を緩めればゲームが終わってしまう。

田山は《オーリオックの太陽追い》。門田は 3 体目の《黒割れのゴブリン》を出すが、これもトークンで処理され、門田の場は一掃された形に。さらに田山は《銅のマイア》をプレイし、盤面を有利に導く。

しかし、次のターンに門田は《死体の野犬》《胆液の鼠》を回収してプレイして、一気に盤面は回復。これで毒カウンターは 4 つ。

田山は《オーリオックの刃工》《災難の塔》をプレイし、金属術を得た《オーリオックの太陽追い》でアタック。しかし、門田のライフはまだ二桁ある。

門田はさらに《死体の野犬》を追加し《胆液の鼠》を回収。

田山も必死にコンバットを続けるが、門田はついに《絡み森の鮟鱇》にたどり着く。

最強生物の登場に、田山は頭を抱える。現在、コンバットにより毒カウンター 5 個。門田の場に感染生物 4 体、自分の生物が 4 体という場では、コンバットするわけにはいかない。

門田は全員突撃。

Corpse Cur

ブロックにより場が一掃され、田山の場に《オーリオックの刃工》《オーリオックの太陽追い》が残る。

田山としてはほっと一息、と思ったところで、門田がプレイしたのは 3 枚目の《死体の野犬》! 門田は《死体の野犬》を回収し、プレイして《死体の野犬》回収。まるで感染生物の永久機関だ。

田山は《オーリオックの刃工》の先制攻撃と、《災難の塔》によってこれを防ぐが、場を均衡させることしかできない。

田山はここでついに《存在の破棄》を引き当て、3 体の犬のうち 1 体の追放に成功する。

門田のネクストドローは《生体融合外骨格》。これをプレイせず、《死体の野犬》から《胆液の鼠》を回収して毒カウンターを乗せる。門田のライフは 14。田山の毒カウンターは 6 個。

しかし、ここまでターンが進むと、田山の《災難の塔》が働き始める。田山はエンドに生物を 1 体ずつ除去し、門田をじわじわと追い込む。

門田、対抗手段を引き込めず、投了。

門田 1-1 田山

Game 3

先手門田。《黒割れのゴブリン》《死体の野犬》とあるいつものハンドをキープ。構築級にそろったカード群が、門田のハンドを保証している。田山は 1 マリガン。

門田、2 ターン目に《銅のマイア》から 3 ターン目に《黒割れのゴブリン》。田山は壁でこのアタックを防ぐ。

田山は感染生物と対消滅すべく、《ニューロックの透術士》プレイ。

門田は少し考え込み、《黒割れのゴブリン》を召喚して 2 体でアタック。田山にチャンプブロックを要求し、プレッシャーを与える。

田山はドローを見て「順番間違えたかな」と《感染の三角護符》を設置。このターンのブロッカーは用意できなかったようだ。

門田は《憤怒の三角護符》を設置。田山はたまらず小さくなった壁でゴブリンをチャンプブロック。

門田は悠々と《胆液の鼠》を設置。毒カウンターを増やしていく。田山は《ヴィダルケンのセルターチ》。門田の攻撃を、これと《感染の三角護符》からのトークンで対消滅して、2 戦目の再現を狙う。

しかし、門田は《死体の野犬》《胆液の鼠》を回収。田山は顔をしかめつつ、《鉄のマイア》を設置してなんとか場を五分に保つ。

門田の場には、犬、ネズミ、マイア、そして赤の三角護符。田山の場には緑の三角護符(カウンター 1 つ)と赤マイア。

ここで、田山は 2 戦目の功労者である《災難の塔》を設置。マイアを含めれば 7 マナあるため、次に土地を引けば発動できる。

Contagion Engine

しかし、返しに門田がプレイしたのは、ここまで登場しなかった《伝染病エンジン》! 田山のプランが完全に崩壊する。

田山は《ニューロックの模造品》によって、なんとか場を整えるが、すでに《感染の三角護符》にカウンターはない。門田は《胆液の鼠》をプレイ。毒を増やしつつ、《伝染病エンジン》発動のマナを構える。

田山は引き込んできた《剃刀のヒポグリフ》《鉄のマイア》を回収し、ブロッカーとするが、門田の《伝染病エンジン》が発動。

ここまでくると《災難の塔》も機能せず。

田山、投了。

門田 2-1 田山

田山と雑談したところ、1、2 戦目に《伝染病エンジン》を見ていなかったので、カウンターを抜いてしまったのが敗因とのこと。

それ以前に門田のデッキの完成度は異常だった。

Tags: Report

編集