«ラウンド 5: 藤井 大(千葉) vs Weiskott.. 最新 Top 8 Profiles»

LMC Draft Meister 2010


ラウンド 6: 久保田 健太(東京) vs 杉山 賢二(千葉)

Written by Takamasa Sato

4 勝ラインながら、ID できない戦いをフィーチャリング。

勝った方が決勝ラウンドに駒を進める。

Game 1

久保田 健太
久保田 健太

先手、久保田 1 マリガン。杉山はキープ。

杉山が《鉛のマイア》、久保田が《刃の翼》から《胆液の鼠》で、ゲームスタート。

杉山はさらに《鉛のマイア》を追加し、《危険なマイア》を追加。杉山は黒赤のマイアデッキ、久保田はこの環境最強のアーキタイプである、毒デッキのようだ。

久保田は、《調和者隊の盾》《胆液の鼠》に装備してアタック。杉山はチャンプせず、スルー。

ここで、杉山はマイアからのマナで《鋼のヘルカイト》を高速召還。これには久保田も「すごいのが来たな」と苦い表情。一応、《転倒の磁石》を設置して、数ターンの猶予を得る。

杉山は涼しい顔で《カルドーサの鍛冶場主》。このカードがあるということは、強力なサーチすべきアーティファクトがあるということ。久保田は思わず「何されるんだろう」とつぶやく。

しかし、毒デッキがやることは一つ。ただ殴るのみ。

久保田は《胆液の鼠》《刃の翼》を装備してアタック。毒カウンタ-を 5 に増やし、さらに《地層の鎌》《沼》を選択。現状、《沼》は 4 枚なので、+4/+4 が見込めることに。《鋼のヘルカイト》《転倒の磁石》によって封じ込まれている今、杉山としてはこのターン中に回答を用意できないと、負けてしまう。

杉山は長考の後に、《屍百足》《鉄のマイア》をプレイしてターンエンド。

返しのターンに、久保田も長考。追い詰めているとはいえ、コントロールしている生物は《胆液の鼠》のみ。これを失えば、形成は一気に逆転する。《転倒の磁石》のカウンターも、残り 1 つなのだ。

意を決して、《地層の鎌》《胆液の鼠》に装備させ、アタック。杉山はレスポンスで《カルドーサの鍛冶場主》を起動し、《屍百足》を生け贄に捧げることでネズミのサイズを小さくするが……この状況を打破できるアーティファクトは、山札の中にもなかった。

久保田 1-0 杉山


Game 2

杉山 賢二
杉山 賢二

杉山先手。双方マリガンなし。

杉山の《鉛のマイア》と久保田の《煙霧吐き》が対消滅してゲームスタート。

杉山は《鉄を食うもの》《屍百足》をプレイし、久保田は《胆液爪のマイア》《煙霧吐き》 2 枚目、《媒介のアスプ》と展開する。

久保田としては、《屍百足》が非常にやっかいな場である。手札には装備品、除去、さらなる生物。しかし、土地は 2 枚でストップしている。デッキの性質上、序盤の攻防がそのまま勝敗を分けてしまうため、ここで長考。多数の選択肢の中から、久保田は《刃の翼》を選んだ。

杉山は《鉄を食うもの》でアタックし、《剣爪のゴーレム》をプレイ。久保田の土地がストップしているうちに一気に決めてしまいたいところだ。

次のターン、久保田は待望の緑マナを引き《胆液爪のマイア》《調和者隊の盾》を装備。《煙霧吐き》《屍百足》を殺し、-1/-1 カウンターが《胆液爪のマイア》に。

返しのターン、杉山はゴーレムでアタック。《危険なマイア》《錆ダニ》とプレイし、久保田を押さえ込もうとする。

久保田は手札に温存していた《闇の掌握》《鉄を食うもの》へ。《媒介のアスプ》《刃の翼》を装備して、盤面を固めようとする。

杉山は《錆ダニ》《媒介のアスプ》を封じ、ゴーレムでアタック。2 体目の《剣爪のゴーレム》を追加する。

久保田のライフが 9 まで追い込まれているのに対し、杉山の毒カウンターはわずかに 1 つ。

久保田のプランは、とにかく地上を止めて、空から毒を食らわせること。対して、杉山は数とサイズで蹂躙したい。

久保田は《嚢胞抱え》をプレイして攻撃に備えるが、杉山がプレイしたのは金属術の達成された《刃族の狂戦士》。久保田はこれをトークンでチャンプブロックし、自らのライフを守りつつ、飛行のついた《媒介のアスプ》でじわじわと毒カウンターを溜めていく。

しかし、次のターン。

杉山はフルアタック後に《危険なマイア》《粉砕》し、久保田のライフを削りきった。

久保田 1-1 杉山


Game 3

久保田先手、杉山はマリガンを選択。対する久保田は土地 4 枚に感染生物と除去のある、申し分ないハンドをキープ。

久保田は 1 ターン目から《煙霧吐き》。杉山はこれに《鉄のマイア》で答える。久保田が《胆液の鼠》をプレイすれば、杉山は《鉄を食うもの》

これに対して久保田は《闇の掌握》し、《煙霧吐き》 2 体目を着地。これに杉山は《屍百足》とこちらも 2 体目の《鉄を食うもの》、そして《鉄のマイア》

まさに一進一退。どちらのデッキも、構築通りのスペックを見せる。

久保田は《煙霧吐き》《鉄のマイア》を除去しつつ、《胆液の鼠》でアタック。《屍百足》を無駄死にさせたうえで、《嚢胞抱え》をプレイする。

杉山は《刃の翼》《苦痛鍛冶》と展開し、徐々にペースをつかもうとする。

しかし、次のターン、アドバンテージを五分に保つべく、久保田の《嚢胞抱え》をスルーと、そこに《荒々しき力》が放たれ、一気に毒を注入されてしまうのだった。

久保田 2-1 杉山

Tags: Report

編集