«Final Draft: 金澤 恵信 最新 準決勝: 金澤 恵信(千葉) vs 東 貴雄(千葉)»

LMC Draft Meister 2010


準々決勝: 金澤 恵信(千葉) vs 門田 真一(千葉)

Written by Takamasa Sato

長い予選ラウンドを経て、決勝に残ったのはわずか 8 人。

真のドラフト巧者が、これで決まる。

今シーズンのドラフトマイスター予選で 2 番目に勝った男と、昨年の、初代のドラフトマイスター。考えようによっては、事実上の決勝戦とすらいえるかもしれない。

金澤は既報のピック通り、緑黒の毒デッキ。対するマイスター門田は、赤青の金属術デッキである。

Game 1

門田 真一

先行門田《燃えさし鍛冶》《粗石の魔道士》のある強力なハンドをキープ。金澤はダブルマリガン。

金澤は《嚢胞抱え》《ゲスの玉座》《飛行の呪文爆弾》と、毒デッキとして順当な回り。対する門田は《燃えさし鍛冶》《ヴァルショクの心臓焚き》と固め、感染生物のアタックを許さない。門田はさらにもう一体の《燃えさし鍛冶》を追加し、《粗石の魔道士》から、《地平線の呪文爆弾》をサーチ。

金澤は《屍賊の死のマント》《嚢胞抱え》に装備させ、門田の戦線をこじ開けたい。

門田は《地平線の呪文爆弾》《シルヴォクの生命杖》をプレイし、2 体の《燃えさし鍛冶》から金澤にダメージを。さらに、《ヴァルショクの心臓焚き》を追加して、アタック。金澤はこれを《嚢胞抱え》によるブロックと、通ったクリーチャーに《汚れた一撃》を撃つことでしのぐ。

相手が毒デッキでなければ《汚れた一撃》《濃霧》の代わりとして使える。この環境の基本テクニックといえるだろう。

金澤、さらに《胆液の鼠》《黒割れのゴブリン》をプレイして攻勢を保つ。

ここで、門田は《屑鉄潜りの海蛇》。金澤に対応を要求する。

しかし、返しのターン、金澤は全員突撃。《屍賊の死のマント》による威嚇の効果もあり、毒カウンターは 9 個。

《ゲスの玉座》が発動して、勝利。

金澤 1-0 門田


Game 2

金澤 恵信

先行門田。金澤は土地も《屍百足》もあるなかなかのハンドをキープ。対して門田は、1 マリガンしつつもマナマイアと《燃えさし鍛冶》のあるハンドをキープ。

金澤、《胆液爪のマイア》《苦痛鍛冶》と展開し、毒ビート。対する門田も《鉄のマイア》からの、《ルーメングリッドのドレイク》《燃えさし鍛冶》と、殴り合いモード。

金澤、《屍百足》《危険なマイア》を追加。《胆液爪のマイア》《苦痛鍛冶》による修正を受け、これが通って、毒カウンターは 7 つ。

次のターン、金澤はフルパンチから通った生物に《荒々しき力》

あっけない幕切れだった。

金澤 2-0 門田


終了後の雑談。

テーマは「金澤の最後のアタックの際に、門田がインスタント除去を持っていた可能性」。

金澤 「1 ゲーム目でインスタント除去は見ていないし、相手の手札は 1 枚。そもそも除去があるなら《苦痛鍛冶》に撃っていたはず」

意見は分かれるところかもしれないが、自らのデッキと相手のデッキの相性、そして、状況から判断すれば、確かに除去が撃たれる可能性は低い。

デッキの出来だけでなく、冷静な判断とプレイング。

金澤が昨年、増野に次いでドラフト全勝回数を稼いだ秘密が、ここにある。

Tags: Report

編集