«準決勝: 金澤 恵信(千葉) vs 東 貴雄(千葉) 最新

LMC Draft Meister 2010


決勝: 東 貴雄(千葉) vs 荒井 健一郎(埼玉)

Written by Takamasa Sato

年に一度のドラフトマイスターも、残るところあと一戦。ドラフトマイスターの歴史に名を残すのはどちらか。

Game 1

荒井 健一郎
荒井 健一郎

先手荒井。荒井は満足げにキープしたが、東は 1 マリガン。

荒井、《胆液爪のマイア》《嚢胞抱え》の毒デッキ黄金パターン。対する東は《選別の高座》《大建築家》と並べて、これを阻害しようとする。

アタックで毒カウンターは 4 つとなり、《感染の三角護符》まで追加して万全。

しかし、返しに東が《先駆のゴーレム》《大建築家》で強化されたゴーレム三兄弟が、感染生物の行く手を阻む。

荒井は少し悩んでから《刃の翼》《嚢胞抱え》に。空からの毒ビートを目論む。

東はこれを阻止すべく、《シルヴォクの模造品》をプレイ。次のターンのアタックを、《刃の翼》破壊からのゴーレムトークンブロックで防ごうとするが、そこに《テル=ジラードの抵抗》。さらに荒井は《テル=ジラードの堕ちたる者》をプレイ。東の場には、ほぼアーティファクトしかないため、これ一発で勝負が決まりそうだ。

そこに東が《決断の手綱》。形勢を逆転する。

仕方なく荒井は二枚目の《感染の三角護符》をプレイ。長期戦の構え。東のゴーレムによるビートを、荒井はトークンでじわじわとかわし、弱らせていく。

均衡を破ったのは、東のプレイした《ゴーレムの職工》

すべてのゴーレムが空を飛び、荒井を空から踏みつぶした。

東 1-0 荒井


Game 2

東 貴雄
東 貴雄

先行の荒井は一瞥してマリガン。6 枚のハンドをキープ。東は 7 枚のハンドをキープ。

東が《鉄のマイア》《シルヴォクの模造品》と並べるのに対し、荒井は 4 ターン目まで動けない。《テル=ジラードの抵抗》を経由して引き增し、なんとか《テル=ジラードの堕ちたる者》をプレイする。

しかし、東は《感染の三角護符》によってこれに対抗。荒井は苦笑しつつ、2 体目の《テル=ジラードの堕ちたる者》を。

東は《テル=ジラードの堕ちたる者》《水銀の縛め》。さらにトークンを生産するが、「毒で殴ってもおいしくない」とつぶやく。

荒井もトークンを生みつつ、《嚢胞抱え》。東もトークンを生みつつ《ニューロックの模造品》《危険なマイア》と並べるが、互いにサイズが小さく決め手もない。

荒井、《闊歩するものの装具》をプレイし、トークンにつけてアタック。均衡を破りにかかるが、この装備品は当然《シルヴォクの模造品》により《帰化》される。

東が来るべき時のために《飛行の呪文爆弾》《シルヴォクの生命杖》をプレイする。

普通のにらみ合いなら、杖によるライフゲインはゲームを決定づける力があるはずだが、毒デッキ相手では効果は薄い。同様に、荒井も「何かの役に立つときがくるかな」と《苦痛鍛冶》

互いにトークンで殴り、つぶし合う冷戦タイム。お互い緑マナはあるため、《感染の三角護符》からのトークンが途切れることもない。東は《大建築家》《闇滑りのドレイク》《ゴーレムの職工》とプレイし、空からライフを削りにかかる。

返しのターン、荒井のトップは《シルヴォクの模造品》。これをすぐに使って《感染の三角護符》を破壊する。

荒井のトークンが早いか、東の飛行戦力が早いか。

ここで荒井は東のトークンを《感染の賦活》。東の場はアーティファクトだらけ。無敵の《テル=ジラードの堕ちたる者》がアタック。土地はたくさん。《荒々しき力》

……しかし、そんなこともなく、平和に毒カウンターが 3 つ乗るだけ。

ここで、荒井の場は、《嚢胞抱え》2 枚、《苦痛鍛冶》《テル=ジラードの堕ちたる者》《感染の三角護符》

東の場は、《ゴーレムの職工》《ニューロックの模造品》《鉄のマイア》《大建築家》《危険なマイア》《闇滑りのドレイク》《シルヴォクの生命杖》

さらに、東は《生命鍛冶》を追加。この状況下では色つき生物は強い。

返しのターン、何も出来ない荒井。これに対して、東は初手から確保していた《決断の手綱》《テル=ジラードの堕ちたる者》を奪うと、もはや荒井になすすべはなく。

東 2-0 荒井


2010 年ドラフトマイスターは、東 貴雄!

Tags: Report

編集